ABSって耳にするけど実際のところ何してるの豆知識

みなさん、こんにちは!
今回はABSを一緒に簡単に学んで見ましょう。
ABSはアンチロックブレーキシステムと言って、急ブレーキ時などで車をより安全に停止させる為の装置です。
例えば、自転車に乗っていて急ブレーキをかけた事ありませんか?その時タイヤがロックして「ズズー」と路面を滑り怖い思いをした方もいると思いますが、車も急ブレーキを掛けるとタイヤがロックしてまた、ハンドル操作が出来なくなります。そこでこのABSの出番です。


(メーター内インジケーター)
ABS車では車の走行速度を常に検知していて、スピードが出ている時にブレーキを踏みタイヤがロック(0回転)しない様に見張り、その直前で強制的にブレーキを緩め、また緩み過ぎない所でブレーキを効かせるを繰り返し安全に車を制御できるようにサポートしてくれています。実はこれ自動車教習所で習うことなんですよ。
その名も『ポンピングブレーキ』
タイヤがロックしない様にブレーキペダルを小刻みに踏むポンピングで、これは車がロックする寸前が一番制動力(止まろうとする力)が高いからでしたね。
ということで皆さんもABSに感謝して、楽しいドライブを楽しみましょう。
くれぐれも、お試し走行はやめましょう。 

コバック本部ブログより引用

 

 

 

 

株式会社ワールドボディー ページのTOPへ